FC2ブログ
Category | 一般

2019  9/14 19日に質問に立ちます

 私は9月19日(木)午後1時より、一問一答質問に立ちます。質問項目は、①子どもの医療費助成制度について、②事務事業見直しの判断基準について、③原発問題について、の3項目です。

 子どもの医療費助成制度では、丸山知事は、県知事選で「“最低でも”小学校卒業まで医療費の無料化」を公約に掲げていました。しかし、子どもの医療費助成の対象を小学6年生まで拡大するものの、自己負担(1医療機関当たり通院は月1000円、入院は月2000円)は継続する方針を示し、新たな助成策は「しまね結婚・子育て支援交付金」を見直すこととしています。

 子どもの医療費助成制度は、①貧困と格差が拡大し、経済的理由などで必要な医療が受けられない子どもたちがいるという事実、②子どもは病気にかかりやすく、抵抗力が弱いため重症化することも多く、病気の早期発見・早期治療を支える環境をつくることが大切――などの理由から、全国すべての自治体で実施されています。“最低でも”と公約した知事の真意をただすとともに、制度の拡充を求めます。

 子どもの医療費助成制度を実施している47都道府県のうち、交付金事業で実施しているのは、新潟県のみです。県として、子どもの医療費無料化の制度構築を国に要求しているのであれば、制度的に不安定な交付金事業の仕組みを導入すべきではなく、準義務的経費(事業)の仕組みを堅持するよう求めます。

 事務事業の見直しでは、県は平成17年10月から「制度の持続的安定」の名のもとに、福祉医療の1割負担を導入しました。この負担増は、市町村や障がい者団体、当事者の理解と納得なしに強行され、県政への失望を招き、障がい者の命と健康を脅かす事態となりました。

 財政のみの視点で事務事業を見直すべきではなく、県民が歓迎している事業や県民の命を守り、福祉や教育を充実する事業は後退、縮小すべきではないことを強調します。松江北道路建設など県民合意のない事業こそ、しっかり見直すよう求めます。

 原発問題では、未曾有の被害を生んだ福島第一原発事故によって、今も8万5千人が避難生活を余儀なくされ、炉心溶融を起こした1~3号機の廃炉作業も難航を極めています。福島の現実を直視した経験を教訓化し、今後の県政運営に生かすよう求めます。

 議会傍聴またはネット視聴していただければ幸いです。

 写真は、質問お知らせビラ。

 質問お知らせビラ
スポンサーサイト



2019  9/11 大国県議が17日に質問

 大国県議の一般質問の日時が決まりました。(下記の写真参照)

 大国県議は、9月17日(火)午後1時から一般質問に立ちます。質問項目は、①知事の政治姿勢について(消費税10%増税、韓国「徴用工」問題、知事の選挙公約)、②豪雨災害への備えについて、③子育て支援について、④個人の尊厳とジェンダー平等社会について、⑤歩行者の安全確保策について、⑥教育環境の充実についての6項目です。

 議会傍聴にお越しいただければ幸いです。

 私は一問一答質問に立ちます。質問項目は、①知事の政治姿勢について(1.子どもの医療費助成制度について、2.福祉医療費助成制度について、3.事務事業見直しの視点について)、②原発問題についての2項目です。

 知事の政治姿勢では、子どもの医療費拡充など、国に対してナショナルミニマムの制度化を要求しているものについて、県として制度の拡充を行うこと、事務事業の見直しは財政のみの視点で見直しをすべきではなく、そもそもの事業目的を鑑みてすすめること、などを強調します。

 原発問題では、島根原発再稼働をすすめることは定住、移住にブレーキをかけることになり、「原発ゼロ」こそが安全・安心の島根創生であることを強調します。

 13日(金)に質問日時が決まります。決まり次第、ブログにアップします。

 写真は、大国県議の質問日お知らせビラ。

 ビラ

2019  9/5 県議団会議で意思統一

 本日から9月定例県議会がはじまりました。県民のくらしを守る立場でしっかり論戦します。

 今日の午後は、県議団会議を開催し、大国県議、遠藤秘書と今議会の質問項目を最終確認・決定しました。大国県議は一般質問で、①知事の政治姿勢について、②豪雨災害への備えについて、③子育て支援について、④ジェンダー平等社会の推進と県の役割について、⑤歩行者の安全確保策について、⑥教育環境の充実について、の6項目を取り上げます。

 この間、豪雨災害の問題では、砂防堰堤や河川、また通学路の安全確保などについて現地調査を実施してきました。子育て支援では、幼児教育・保育の無償化、子どもの医療費助成について保育関係者や保護者のみなさんと意見交換を重ねてきました。現場の実態、要求をもとに県民の願いを届けることにしています。

 県議団会議の様子は、控室職員の佐々木順子さんに撮影していただきました。佐々木さんは、4月から無会派の控室の担当として、お世話になっています。前任の船木純子さんと同様、とても明るく、礼儀正しく、落ち着いた方です。

 佐々木さん、いつもおいしいコーヒー、お茶、ゆずっこ、本当にありがとうございます。とても快適に気持ちよく、控室で仕事ができます。心からの感謝です。

 写真は、県議団会議。

 県議団会議

2019  9/1 9月議会は決算議会

 9月になりました。今年も残り4か月。2019年の後半戦。暑さも和らぎましたので、精一杯がんばります。

 9月議会は9月5日から始まります。一般質問に立つ大国県議の質問日は10日に、一問一答質問に立つ私の質問日は17日に決まります。日時が決まり次第、本ブログでお知らせします。

 9月議会は、決算議会です。決算は、主要施策がいかに実現されたのか、総括する場です。

 決算議会で大切なことは、1年間に実施された施策がどんな意味を持ち、どんな問題点をはらんでいるのかを県民の立場で明らかにし、その行政評価・総括を次の予算議会につなげ、生かしていくことです。

 自治体の仕事、使命は「住民の福祉の増進を図る」(地方自治法第1条)ことです。医療、福祉、雇用、商工業、農業、教育、防災、平和などの諸施策が自治体本来の仕事として十分に行われているのか、県民のくらしの実態から検証しなければなりません。

 政治は、「住民こそ主人公」の立場を貫かなければなりません。住民の生の声を聞き、現場に入り、県政のあるべき方向をしっかりと論じる議会にする決意です。

 9月6日には、県内の地方議員との勉強会を開催します。テーマは、幼児教育・保育の無償化、県の子どもの医療費助成について、国保の都道府県化などについてです。

 季節は秋。しっかり学習をして、実りある「読書の秋」にしたいものです。

 写真は、現在勉強中の本。

 本

2019  8/30 一日も早い災害復旧を

 28日から29日にかけて、西日本各地は猛烈な雨に襲われました。佐賀県や長崎県、福岡県など九州北部では、甚大な被害に見舞われました。広範囲に浸水被害が発生した佐賀県では、病院で入院患者ら200人以上の孤立状態が続きました。また、鉄工所から流出した大量の油を除去する作業も行われています。

 被害に遭われたみなさまに、心からのお見舞いを申し上げます。日本共産党は、災害対策本部を立ち上げ、被害の実態を調査するとともに、一日も早い復旧・復興に全力を尽くします。

 この間の雨で雑草がまた伸びてきました。夕方、遠藤秘書と事務所に帰ると、裏庭で物音がしています。何かなぁと思って庭に行ってみると、吉井安見・民青県委員長が草刈りをしていました。自主的に清掃活動・草刈りをする彼に、感謝。冷たいアイスコーヒーとかっぱえびせんでねぎらいました。吉井くん、いつもありがとう。

 9月議会が近づいてきました。9月議会は5日に開会、10月4日までの30日間の会期で開かれます。

 9月議会は、大国県議が一般質問に、私は一問一答質問に立つことにしています。

 私は、①子どもの医療費助成制度、福祉医療費助成制度など県単独事業の在り方について、また、②丸山知事が福島原発を視察しましたので、原発問題などについて、質問を行うことにしています。

 関係者の様々なご意見をしっかりお聞きして質問を組み立てます。

 写真は、事務所裏庭の草を刈る吉井くん。

 草刈り
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR