FC2ブログ
Category | 一般

2018  12/7 宍道断層周辺を防災特別推進地域に

 島根原発のそばを走る宍道断層(39キロ)と、鳥取沖断層(98キロ)との離隔距離はわずか5キロしかなく、両断層が連動すれば140キロもの活断層となります。

 県は、2013年2月に「島根県地震・津波防災戦略」を策定しました。防災戦略によれば、マグニチュード7・1規模の宍道断層の地震が発生した場合、建物被害は全壊数2537棟、半壊数8954棟もの被害が想定されています(宍道断層22キロ、冬の18時想定)。

 しかしながら、県は宍道断層の近傍に松江北道路を建設しようとしています。建設ルートと宍道断層との最短距離はわずか1.3キロであり、この地域は新規道路建設ではなく、防災対策こそ強化すべきではないでしょうか。

 防災の肝は、災害の発生を最小限に抑え、被害の拡大を防止すること。すなわち、災害が発生する以前に、その被害を最小限に抑えるための予防策、減災に最大限の力を注ぐことにあります。

 被害想定は、防災対策を講じる上での大前提です。最大規模の被害を想定して、最新の被害想定を行うべきです。

 専門家は、京都府北部から山陰地方にかけて「ひずみ集中帯」が広範囲に存在すると指摘し、山陰地方は地震の活動期に入ったと警告しています。事実、2000年に「鳥取県西部地震」、2016年に「鳥取県中部地震」、今年4月には「島根県西部地震」が発生しました。

 活断層のそばに活断層と並行する新規道路建設など防災を無視した乱開発、無秩序な開発行為はやめるべきです。

 今やるべきことは、宍道断層周辺を「活断層防災特別推進地域」に指定し、災害・防災対策を強化することです。

 写真は、松江北道路ルート(赤線)と宍道断層との位置図。

 松江北道路と宍道断層
スポンサーサイト

2018  12/3 一問一答質問に立ちました

 本日、一問一答質問に立ちました。傍聴にお越しいただいたみなさん、また、質問にあたって様々な現場の実態をご教示くださったみなさんに心からの御礼を申し上げます。

 質問では、先の9月議会に続いて、学力テストの弊害を取り上げました。

 松江市が総合計画の「学力向上対策事業」の目標指標に「全国学力テストにおける全国平均値以上の教科割合を100%にすること」を目標値として設定していることを再び告発。目標値設定によって、点数を上げることが目的化している実態を質しました。

 「僕がテストの平均点を下げている。テストを受けなければよかった」という小学校6年生の男の子の声、「子どもには点を取る喜びではなく、学ぶ喜びを教えたい」との教師の声、「学習が遅れている子どもにこそ、丁寧な対応をしてほしい」という保護者の声を紹介しました。

 物事の願い、真理は現場にあります。教育委員会は、現場教員の声をよく聞いて、教員が歓迎していない事業(学力テスト)などを押し付けるべきではないことを強調しました。

 島根原発周辺の災害対策では、①宍道断層周辺の防災対策の徹底、②宍道断層周辺を防災特別推進地域に指定し、抜本的対策を講じること、③宍道断層と並行して建設予定である松江北道路建設中止、④原発再稼働ストップ、などを強調しました。

 島根原発の敷地内に7カ所もの土砂災害危険箇所があり、万全なる対策を講じるよう強く求めました。担当部長からは「原子力規制員会が厳格に審査を行って頂きたい」との答弁。

 私は「近年、経験したことのない豪雨が発生している」と指摘。「集中豪雨とともに宍道断層の地震が発生すれば、どんな事態が起こるかわからない。想定外の事態に備えた万全なる対策を講じるべき」と強く求めました。

 防災を無視した乱開発はすべきではありません。宍道断層が近くに走り、敷地構内に土砂災害危険箇所もある島根原発の稼働などとんでもありません。

 写真は、一問一答質問。

 一問一答質問

2018  11/28 質問日が決まりました

 私は、12月3日(月)午前10時半(予定)から一問一答質問に立ちます。

 質問項目は、①教育問題について、②島根原発周辺の災害対策について、③松江北道路について、です。

 教育問題では、全国学力テストの弊害について取り上げます。学力テスト中心の学校運営に様々な弊害が生じています。点数を上げるために過去のテスト問題、類似問題、ドリルなどを実施する「学力テスト対策」が頻繁に行われています。

 教員の長時間労働の解消の点でも、学力テストの見直しは喫緊の課題です。一人ひとりの子どもに教師の目が行き届き、学習の遅れがちな子どもにも丁寧に対応できるようにし、多忙化を解消して教師が準備に十分時間をかけ、創意あふれる授業ができる条件を整備することこそ子どもたちに確かな学力を保障する道であることを強調します。

 島根原発周辺の災害対策では、①宍道断層周辺を「活断層防災特別推進地域」に指定し、抜本的対策を講じること、②大地震に備えた災害対策・防災対策の強化、③原発再稼働ストップなどを要求します。

 宍道断層が揺れ動いた場合の地震被害(宍道断層22キロ、冬18時想定)では、建物被害が全壊数2537棟、半壊数8954棟との試算がなされています。

 また、島根原発敷地内には、7カ所もの土砂災害危険箇所が存在しています(①原発1号谷、②原発2号谷、③原発3号谷、④片句1、⑤片句2、⑥片句3、⑦片句4)。島根原発周辺には、活断層(宍道断層)が走り、土砂災害危険箇所も多数存在するなど危険極まりない地域です。原発再稼働など決して許されません。

 松江北道路建設では、性急なる都市計画手続きに入らないことを求めます。

 2016年4月に発生した熊本地震では、活断層沿いは震度7相当の揺れに見舞われ、断層から約1キロ以内は建物が壊滅的な被害を受ける「震災の帯」ができました。この教訓に照らせば、活断層の近くに公共建築物を建てたり、新規の道路(松江北道路)を建設すべきではありません。 

 写真は、質問お知らせビラ。

 質問ビラ

2018  11/22 大国県議が27日に質問

 大国県議の一般質問の日時が決まりました。(写真参照)

 大国県議は、11月27日(火)午後1時から質問に立ちます。質問項目は、①県民のくらしと消費税10%増税について、②原発
について、③災害対策について、④農業について、⑤漁業振興について、⑥子どもの医療費助成の6項目です。

 私は12月3日または4日に一問一答質問に立ちます。日時が決まり次第、ブログにアップします。

 県政報告&県政要望を聞く会のご案内です。

 来春の県知事選挙に溝口知事は不出馬を表明しました。来春の県知事・県議選は、国いいなりの県政を変える絶好のチャンスです。多くのみなさんから県政へのご要望をお聞きするため、松江ならびに出雲で「県政要望を聞く会」を開催します。(写真参照)

 松江会場は、11月定例県議会閉会日の12月14日(金)夕方6時半より県民会館において開催します。出雲会場は、15日(土)午前10時よりビックハート出雲にて開催します。両会場とも、尾村、大国が参加します。 

 多くのみなさんのご参加を心よりお待ちしています。

 写真は、大国県議の質問日お知らせビラと県政報告・県政要望を聞く会の案内ビラ。

 大国県議質問日お知らせビラ

 県政報告・県政要望を聞く会の案内ビラ

2018  11/19 溝口知事が退任表明

 本日、19日から11月定例県議会が始まりました。

 溝口善兵衛知事は、11月定例県議会の「提案理由説明」の中で、「来春の知事選挙には出馬しない」ことを表明しました。
 昼休みには、カラコロ広場の前で県議会開会にあたっての決意、知事退任にあたっての見解を訴えました。

 私の訴えは、次の通りです。

 わが党は、3期12年にわたって溝口知事が県政の舵取りを担われたご労苦に対して、敬意を表するものであります。

 溝口県政は、貧困と格差を拡大させたアベノミクス、県民生活を苦しめる消費税増税と社会保障の切り捨てなど、安倍政権の“地方壊し”の政治にいいなりでありました。

 また、多くの県民が稼働を望んでいない島根原発についても、稼働を推進する政府の考えに同調するなど、国の出先機関のような役割を果たしてきたと言わざるを得ません。

 日本共産党は、①くらしと福祉最優先の県政、②憲法を守り生かした県政、③原発ゼロの安全・安心の県政への3つの転換を図るため、多くの県民と野党のみなさんと力を合わせ、知事候補の擁立をめざす決意です。


 今議会は、大国県議が農業や漁業振興、子育て支援、原発問題などで一般質問に立ちます。私は、地震に備えた災害対策のあり方、原発問題、松江北道路建設、教育問題などで一問一答質問に立つ予定です。

 11月議会も全力で頑張ります。

 写真は、本日昼に行った街頭宣伝。

 街頭から訴え
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR