fc2ブログ
Category | 一般

2022  6/29 熱中症にご注意を

 毎日、暑い日が続きます。みなさん、熱中症にご注意ください。適度に水分を補給し、元気に頑張りましょう。

 昨日は、県庁前ロータリーで田村智子参議院議員・党副委員長を弁士に、街頭演説会を開催しました。正午過ぎ、気温はどんどん上がり、大変暑い中でしたが、250人を超す聴衆が集まりました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。また、県庁の職員のみなさんもお昼休みにかかわらず、多数お出かけいただきました。心からの感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

 田村参議院議員は、異常気象をもたらす石炭火力発電と危険な原発に依存する岸田政権について「大都市への電力供給のために犠牲をいとわない経済システムを変えよう。再生可能エネルギーを地域経済の柱として成長させていく戦略を掲げる日本共産党を伸ばしてほしい」と力を込めました。

 福住ひでゆき選挙区候補は「日本列島は地震の活動期に入った。島根原発の再稼働などとんでもない。選挙区選挙で原発ゼロを主張するのは私だけ。原発推進勢力に厳しい審判を」と訴えました。

 演説会参加者からは「田村さんの演説はメリハリがあり、パンチがあって聞きやすかった」「政治家のエネルギーを感じました。東アジアに平和をつくる日本共産党の外交ビジョンは勉強になりました」「県庁前が聴衆でいっぱいになり、感激しました。暑い中、本当に熱気ある演説会になりましたね」「年金を削減しながら、何が社会保障のための消費税でしょうか。日本共産党頑張れ」など、たくさんの感想、激励の声が寄せられました。

 演説会終了後、控室で田村さんや福住さんと一緒に地元業者のお弁当を食べました。田村さんは「島根の食材は素晴らしい。お米もシジミもお魚もとっても美味しいです」と喜んでいました。

 この素晴らしい松江、島根の自然と環境を台無しにするのが原発事故であり、戦争です。美味しい食材・食料をいつまでもつくり続けるためにも農林水産業者、中小業者への抜本的な支援策の拡充が求められています。

 選挙戦はあと10日余り、福住さんを先頭に頑張ります。

 写真は、昨日の街頭演説会。

 街頭演説①

 街頭演説②
スポンサーサイト



2022  6/21 いよいよ参議院選挙です

 本日、5月定例会が閉会しました。今議会も精一杯の論戦を行いました。一般質問や常任委員会、特別委員会でも県民の願いを県政に届けたところです。質問や論戦にあたって、ご協力・ご教示くださった皆さんに御礼申し上げます。

 今議会は、県議会が島根原発2号機の再稼働に同意し、丸山知事が再稼働にゴーサインを出しました。原発推進の自公政治を転換するためにも、参議院選挙での日本共産党躍進が求められています。

 9月議会は、9月8日開会の予定です。早くも一般質問で取り上げてほしいご要望をお受けしています。県民の代表として一人ひとりの願いを実現するため、頑張り抜きます。

 いよいよ明日は公示日です。午前9時半から党事務所で出発式・第一声を行い、その後、松江市内を遊説します。午後3時からは、京店・カラコロ広場にて福住ひでゆき選挙区候補が訴えます。

 福住候補のリーフレットが好評です(下記を参照)。福住さんを先頭に、18日間の選挙戦をたたかいます。私も各地でマイクを握り、憲法を生かし、くらしを守る党、原発稼働を許さない党、清潔・スジを通し、ブレない日本共産党の政策を訴えに訴え抜く決意です。

 街頭演説会のご案内です。(下記参照)

 日本共産党中央委員会の田村智子副委員長・参議院議員が来松します。6月28日(火)午後12時15分から県庁前ロータリーにて田村参議院議員と福住選挙区候補が訴えます。多くの皆さんのご参加を心からお待ちしています。

 写真は、演説会の案内チラシ、福住リーフレット。

 田村副委員長街頭演説のご案内

 福住リーフ外面

 福住リーフ中面

2022  6/17 反戦・平和の党の大躍進を

 本日は、カラコロ広場で大国県議、舟木健治、橘ふみ両市議とともに宣伝し、「戦争か平和か、鋭く問われる参院選で、党をつくって100年、反戦平和を貫いてきた日本共産党を躍進させて下さい」と呼びかけました。
 
 私は、自民党や維新の会、国民民主党などが「核には核」「軍事には軍事」と言い出していることを批判し「9条を生かした平和外交で東アジアを平和の地域にしましょう」と呼びかけました。

 大国県議は、賃金が上がらない、成長しない新自由主義を転換し「冷たく弱い経済」から「やさしく強い経済」にする共産党の提案を紹介。「アベノミクスで130兆円も新たに増えた内部留保に課税し、新たな税収10兆円で中小業者を支援し、最低賃金時給1500円を実現しましょう」と訴えました。

 参議院選公示(6月22日)まで、あと6日です。平和とくらしを守るためにも、日本共産党の大躍進が求められています。

 22日は、午前9時半から袖師の党事務所前で出発式の第一声を行います。福住候補は鳥取駅前で第一声を行い、倉吉市、米子市で遊説。その後、午後3時から松江市の京店・カラコロ広場で訴えます。

 6月28日(火)は、田村智子党中央副委員長・参議院議員が午後12時15分から県庁前ロータリーにて福住候補とともにマイクを握ります。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 写真は、本日の宣伝、第一声のご案内チラシ。

 本日の宣伝

 第一声のご案内

2022  6/14 快適な住宅整備は県の責任

 本日は、県営比津が丘団地丘頂自治会の役員のみなさんが6項目の要望を県土木部に提出し、懇談しました。

 要望は、①インターホンの設置、②床板、壁クロスの張替え、③退去時の入居者負担の軽減、④家賃の減免相談をはじめ、住宅供給公社での丁寧な窓口対応など、です。

 参加した役員は、入居者から聞き取った様々な願いを土木部・建築住宅課の課長らに伝えました。佐伯和夫課長は、一つひとつの要望に対し、丁寧なる説明と県としての考えを伝えました。

 公営住宅は、憲法第25条で明記されている「人間らしく生きる権利=生存権」を保障する制度として国・自治体の責任で建設・整備すべきものです。快適で安全な居住環境を保障するために入居者から要望をしっかり聴取し、適切なる点検・修繕で安全な居住環境を確保するために県の責務を果たさなければなりません。

 参議院選挙公示まで、あと8日となりました。平和でも、くらしでも岸田自公政権、「翼賛勢力」に正面から対決し、希望ある抜本的対案を示す日本共産党の躍進が求められています。

 議会も終盤戦です。議会論戦にも頑張り、参議院選挙躍進に向けても力を尽くす決意です。

 写真は、本日の懇談。

 県との懇談

2022  6/7 8日に大国県議が質問

 明日、8日(水)午後1時から大国県議が一問一答質問に立ちます。質問項目は、①島根原発2号機の再稼働判断について、②男女の賃金格差の是正についてです。

 質問の要旨は、下記の質問ビラ(画像)をご参照ください。なお、島根県議会の生中継は、県議会のホームページ、ケーブルテレビでも放送されます。ぜひ視聴ください。また、議会傍聴にお越しいただければ幸いです。

 原発問題では、再稼働容認は拙速な判断であり、県民の総意が反映されたものとは言えないことを強調します。知事は「避難計画には実効性がある」と言い切りました。しかし、住民団体の調査でも、避難計画通りに避難をすることはできないとの声が多数寄せられており、避難を強いられる住民自身が納得できない現状において、実効性などないことを強調します。

 男女の賃金格差の問題では、格差の原因は女性の管理職比率が低いこと、勤続年数が男性より短いこと、ケア労働者の低賃金などにあることを指摘します。そして、男女の賃金格差の是正は「地方の再生」や「島根創生」にも資するものであることを強調します。

 参議院選挙公示まで、あと2週間余りとなりました。参議院選挙は「平和と暮らしがかかった選挙」です。「軍事VS軍事」の危険な流れを日本共産党の躍進でストップさせようではありませんか。

 世界に誇る憲法9条を守り、生かす政治を実現するために全力を尽くします。

 写真は、大国県議の質問お知らせビラ。

 大国県議質問お知らせビラ
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR