FC2ブログ
Category | 一般

2019  11/22 対立と分断は持ち込むな

 丸山知事は本日の県議会で、全国トップレベルの小中学校の少人数学級編成を縮小する方向で見直すことを表明しました。その財源を使って、放課後児童クラブの支援、子ども医療費助成の拡充など子育て環境の整備をすすめるというのです。

 内訳は、放課後児童クラブの支援拡充に2億1000万円増、子ども医療費助成で2億2000万円増、一方、小中学校の少人数学級編成縮小で3億円減。差し引きでは、1億3000万円の子ども・子育て支援施策拡充というものです。これら見直しを「パッケージ」として整理したとの説明です。

 私は、県議会で「少人数学級という教育と、放課後児童クラブ、医療費助成という社会福祉を一つのパッケージとして整理し、議論をすすめるのは極めて乱暴な議論であり、県民には受け入れられない」と厳しく抗議しました。なぜなら、この議論は、放課後児童クラブの支援や医療費助成を拡充したから、少人数学級編成の縮小は我慢せよ、ということであり、二者択一を迫れば、県民に対立と分断を持ち込むことになるからです。

 今回の少人数学級縮小は、その事業の必要性、施策評価から出発したのではありません。4億3000万円の子育て支援をビルド(拡充)したから、少人数学級で3億円スクラップ(縮小)せよというものです。

 教育において、政治が果たすべきことは、①ゆきとどいた教育を実現する、②教職員がいじめに向き合う条件を整備する、③教員の多忙を解消する、ことです。少人数学級推進など、教育現場が喜び、歓迎する事業は前進させ、学力テストなど現場との合意・納得の得られない事業こそやめるべきです。

 この度の見直し案は3億円の予算減。しかし、多くの県民が反対することを強行するならば、その損失は3億円どころではありません。県政への不信、不満が広がることを危惧します。

 県民合意のない松江北道路建設や原発推進予算こそメスを入れるべき。少人数学級編成縮小を許さないためにも、学校現場、保護者のみなさん、そして、多くの県民と力を合わせます。

 写真は、現在読んでいる書籍。

 本
スポンサーサイト



2019  11/19 質問準備に全力

 11月定例県議会が21日から開会します。

 私は、11月議会では一般質問に立ちます。質問項目は、①知事の政治姿勢について(消費税、農産物輸入自由化)、②ダムの事前放流について、③防災備蓄物資整備について、④島根原発について、⑤米軍機の低空飛行訓練中止、日米地位協定の見直しについて、⑥企業立地促進助成金について、⑦教育問題について(変形労働制、少人数学級)の7項目を準備しています。

 質問にあたって、関係者のご意見やご要望をお聞きするなど、現地調査を実施してきました。質問項目表もほぼ完成し、現在、原稿を精力的に書いているところです。県民のみなさんの生の声を県政へ届け、要求実現に力を尽くします。

 国政では、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる疑惑が重大問題に発展しています。内閣府主催の「桜を見る会」に「首相の地元後援会員が多数招待され、後援会の一大行事になっている」ことを日本共産党の田村智子参議院議員が暴露しました。「桜を見る会」を安倍後援会が私物化し、国民の血税を使って買収を行っていた疑惑です。 

 安倍首相は18日に、「桜を見る会」の前夜に安倍首相の後援会が主催した夕食会は、「ホテル・ニューオオタニが発行した領収書を参加者に渡した」「安倍事務所には一切の入金はない」「後援会が先にホテル側に支払ったことはない」と釈明していました。

 しかしながら、ホテル・ニューオオタニの「宴会・催事規約」では、「ホテルから提示した見積もり総額を宴会場ご利用日の30日前までに現金またはお振込みにてお支払いただきます」としているのです。首相説明はすでに破たんしているではありませんか。

 10月から消費税を増税し、福祉・年金予算は削減。自分は税金私物化で選挙対策をする安倍政治は本当に許せません。安倍首相は国会の予算委員会の場で税金私物化の国民の疑問にこたえるべきです。

 写真は、注目のしんぶん赤旗・日曜版。

 しんぶん赤旗・日曜版

2019  11/13 民青同盟が県へ申し入れ

 本日は、日本民主青年同盟島根県委員会(吉井安見委員長)が「青年が暮らしやすい島根県の実現を求める」申し入れを県に行い、同席しました。

 申し入れには、保育士、美容師など5人の青年が参加。①最低賃金を1500円に引き上げてください、②残業代の未払いなどを是正し、労働者の権利を守ってください、③給付制奨学金の拡充を、④医療・介護・保育など福祉労働者の処遇改善を、⑤原発のない安全・安心の島根の実現を、の5項目を求めました。

 申し入れで、美容師からは「自分の給料を時給に換算すると670円。1日11時間も拘束され、休憩時間は30分程度」との厳しい労働実態が告発されました。保育士からは「一人暮らしをする上で、生活がギリギリで貯金ができません。休日も家で仕事をしています。やりがいのある仕事なので、もっと処遇が良くなればいい」などの切実な声が出されました。また、「この間、豪雨災害、地震などが発生し、災害の恐ろしさを痛感しています。原発ゼロの島根こそ青年の願いです」との訴えもありました。

 今、多くの青年・学生が高学費と奨学金返済、長時間労働や不安定な働き方などで不安を強めています。格差と貧困の広がり、地球温暖化など世界と日本の進路への関心を強め、行動に立ち上がっています。

 本日は青年の生の声を聞くことができ、とても有意義でした。勉強になりました。民青のみなさんに感謝するとともに、強く大きな民青同盟をつくらなければならないことを強く思いました。未来は青年のもの。ともに頑張りましょう。

 写真は、申し入れ書を手渡す青年ら。

 申し入れ書を手渡す青年ら

2019  11/7 インフルエンザワクチンを接種

 寒くなりましたね。みなさん、風邪にご注意。今日のブログは、政治以外のことから書きます。

 昨日は、定期的な内科受診でした。先生との会話でインフルエンザの話になり、「尾村さん、本日、予防接種ができますよ」とのこと。早速、インフルエンザワクチンを接種しました。

 インフルエンザワクチンは、接種した型が流行した型と違う場合など、「接種をすれば絶対にかからない」というわけではないそうです。しかし、症状を重症化させない効果や、死亡の危険性を低下させる効果が多くの研究で示されているとのことです。インフルエンザワクチンは、接種後、2週間から効き始め、約5ヶ月間は有効性が持続するとされています。健やかに冬本番を乗り切るためにも、インフルエンザワクチンを接種しましょう。

 日本共産党は、来年1月14日~18日まで第28回大会を開催します。大会に向けての決議案が発表され、全党での討議が始まっています。今日の午前中は、決議案についての議論を行いました。決議案では、地方政治の部分で「安倍自公政治による地方こわしを許さず、住民の命とくらしを守る」たたかいの発展を強調し、「公約を軸に、議会内外で福祉とくらし、防災、安全を守る住民要求実現や生活相談の活動をすすめる」ことを呼びかけています。

 明日は全県の地方議員の会議を開催します。会議では、大会決議案の討議をはじめ、県議団から県政報告を行った上で、県民要求実現のたたかいや11月議会の論戦について意思統一をはかりたいと思います。
 
 11日に実施する政府交渉の要望書が完成しました。ホームページの「各種ダウンロード」にアップしましたので、ご覧いただければ幸いです。
 
 写真は、現在読んでいる書籍。

 読んでいる本

2019  11/1 清潔できれいな政治を

 11月になりました。今年もあと2か月です。本当に月日が経つのは早いものです。

 本日は、昼休みに松江市京橋にて、大国県議、吉井安見・民青同盟県委員長とともに「安倍政権の政治とカネの問題」で緊急街頭演説を実施しました。

 公選法違反疑惑によって、菅原一秀・前経済産業相が10月25日に辞任し、わずか6日後の10月31日に、河井克行・法相が妻の公職選挙法違反疑惑の発覚を受け、辞任しました。安倍首相は「任命責任は私にある」と繰り返しながら、一度も国会で説明責任を果たさず、真相究明のための責任も果たしていません。まさしく、「首相責任」が問われているのではないでしょうか。

 私は演説で、「2012年の第2次安倍政権発足以降、閣僚の辞任は10人に上っている」と指摘。「疑惑による閣僚の辞任が相次ぐのは、安倍首相自身が持つ『森友・加計問題』での疑惑隠ぺい体質にある」と厳しく批判しました。その上で、「安倍政権にはもはや政権を担う資格はない」「この事態は内閣総辞職に値するものであり、説明責任を果たすべきだ」と強調しました。

 清潔でスジを通し、ブレない日本共産党の出番です。「きれいな政治」「国民が主人公の政治」を実現するために、力を尽くす決意です。

 午後からは、県議団会議を開催し、政府交渉の要望書を確定しました。その後、介護保険施設・事業所に働くみなさんと県の介護保険担当者との意見交換会に同席。介護労働者のみなさんからは「人材不足解消のためにも処遇を改善してほしい」「知事をはじめ、県の担当者のみなさんには現場をしっかり見てほしい」などの要望が出されました。

 島根創生のカギは、医療、福祉、介護充実の島根をつくることにあります。福祉労働者のみなさんと今後とも力を合わせます。

 写真は、本日の宣伝。

 街頭宣伝
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR