fc2ブログ
Archive | 2011年02月24日

2011  2/24 一問一答質問に立ちました

 今日は、任期中最後の議会における質問戦(一問一答質問)に立ちました。

 取り上げたのは、①国保料の引き下げ②行政による差し押さえ問題③水道料金の問題です。

 私は質問準備にあたって、関係住民の声を徹底して聞くことにしています。住民のみなさんの思いや願いを質問に取り入れ、みなさんの代弁者として質問を行うためです。

 県内において、国保加入者の1割が滞納となっています。また、保険証を取り上げられた世帯(資格証明書発行世帯)は、1000世帯にも上っています。

 私は、保険証の取り上げによって手遅れとなった事例を告発しました。その事例は、「60代の建設業者の男性が営業不振により、国保料、税金が滞納となっておられました。腸が破れる腹膜炎で病院に担ぎ込まれ、手術の同意を求める医師に対し、手術はやめて下さい。保険証がないので、薬で治療を頼みます。かたくなに手術を拒まれました。1ヵ月後に多臓器不全で亡くならたのです」。

 私が強調したのは、このような悲しいことを再び起こさないためにも、命綱である保険証の取り上げは中止すること、そして払いたくても払えない保険料を引き下げることであります。

 許せないことは、保険料の未納者に対する差し押さえです。昨年度、県内では約900世帯に対し、2億2千万円もの差し押さえが行われていることです。

 保険証を取り上げ、その上、生活の糧である預金や給与まで差し押さえて、どうやって生活ができるでしょうか。私は、知事が言う「安全、安心して暮らせる島根、誰もが住みよい島根」とはなっていないと指摘し、非情な差し押さえの中止を要求し、生活に困窮した県民への生活再建支援にこそ県政が力を入れるべきと迫りました。

 政治には人の命がかかっています。国の政治がひどい時だけに、県政の真価が問われています。県民の護民官として、全力を尽くします。

 県議会の中継は、県議会のホームページでご覧になれます。

  県議会ホームページ

一問一答質問に立つ尾村県議
スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR