FC2ブログ
Archive | 2011年03月06日

2011  3/6 非情な差し押さえは中止せよ

 県内各地で行政による人権無視の非情な徴税・差し押さえが行われています。

 「夫の年金を下ろしに銀行に行き、通帳を見たら市に差し押さえられており、残高はゼロになっていました」「掛け軸、スーツケース、絵画、傘など62品目を差し押さえられました」などひどい差し押さえの相談がたくさん寄せられます。

 昨年度、県内の行政による差し押さえは、県税で872件、個人住民税で1955件、国民健康保険で883世帯にも上っています。

 私は、2月24日の一問一答質問で、非情な差し押さえは、溝口知事がめざす「安全で安心して暮らせる島根」「誰もが住みよい島根」とは、決して相容れないものであることを強調しました。そして、行政は生活に困窮した県民への生活再建支援にこそ力を入れるよう求めました。

 保険証の取り上げで医療受給権を奪ったうえ、生きる糧の預貯金などの財産を差し押さえることは、その人の生存権まで奪うこととなるではありませんか。

 収入や年金が増えないのに税金や社会保障は次々に値上げとなり、県民の暮らしは本当に大変です。

 県民の生存にかかわる財産の差し押さえは、憲法25条の生存権、29条の財産権の保障からも許されません。

差し押さえ問題で一問一答質問に立つ尾村県議

(民報「新しい松江」より抜粋)
スポンサーサイト



カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR