fc2ブログ
Archive | 2011年05月

2011  5/22 多数ご参加ありがとうございました

 今日は、吉井英勝衆院議員(党原発・エネルギー問題委員長)を招いて、「原発問題を考える集い」が開催されました。380人もの参加で、会場からたくさんの質問も出されました。

 吉井議員は、東京電力福島第1原発の事故について、「想定外ではなく、原発の安全神話に浸かり、安全対策を怠り、事故後の対応も誤った『政府・電力会社の人災だ』」と厳しく指摘。また、地震大国日本での原発増設は、異常であり、再生可能エネルギーの普及によって、原発から段階的撤退をすすめるべきだと強調しました。

 そして、吉井議員は、日本の原発増設の背景に、地域独占と総括原価方式で守られた電力会社、原発製造メーカー、ゼネコン、資金融通する大銀行など「原発利益共同体」がつくられ、その利益優先が国策とされていることを告発しました。

 私は、中国電力は、データ改ざんや点検漏れ隠しなど構造的な隠ぺい体質があることを指摘するとともに、この間、県は国がすすめる原子力発電・プルサーマル推進に無批判・迎合の姿勢であったことを報告しました。

 会場からは、「放射性廃棄物の処理はどうなっているのか」「県・松江市・中電の3者協定である安全協定をさらに実効あるものにすべき」などの質問や意見が多数出されました。

 原発の危険から住民の命を守るために、頑張ります。

 集いで島根原発の問題点を報告
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR