FC2ブログ
Archive | 2012年01月16日

2012  1/16 中林さん、お疲れさまでした

 昨日は、中林よし子元衆院議員をねぎらう集いが開かれました。

 集いには、日本共産党の国会対策委員長の穀田恵二衆院議員をはじめ、元衆・参院議員、中国5県の地方議員、県内の支援者など約180人が集まりました。

 中林さんは、1979年10月、島根全県区(定数5)3位で初当選、33歳でした。「くらしのよし子」「島根の太陽」と呼ばれ、保守王国・島根から日本共産党の女性代議士誕生で、全国から注目されました。

 国会議員時代は、無駄な公共事業の代名詞といわれた国営中海干拓淡水化事業の問題点を再三にわたって追及し、住民運動と力を合わせ、ついに中止へと追い込みました。

 農林水産委員として、コメの輸入問題では、「ミニマムアクセス米の輸入義務はない」との答弁を、またBSE問題では、「政府の責任で対応する」との答弁を引き出しました。

 国会議員として、また候補者として35年間もの長きにわたって、日本共産党の看板を背負い、国政への挑戦を続けました。

 私の政治家としての活動は、県議として9年、候補者としては5年でしたので、合わせて15年にもなりません。35年という中林さんの長きにわたる政治活動に、本当に頭が下がる思いです。

 中林さんの後継として、岡山の石村智子さんが比例候補として議席奪還をめざします。中国地方には、消費税増税やTPP参加に反対し、原発ゼロを主張する国会議員は1人もいません。何としても、中国地方から日本共産党の国会議員を誕生させたいものです。

 今日は、朝9時から午後1時半まで、島根原発の現地調査でした。そして、午後から夕方まで、県の担当者と島根原発の安全対策について意見交換を行いました。

 原発調査や意見交換には、石村智子比例候補、県議団、松江市議団が参加しました。島根原発1号機の中にも入りました。津波対策の説明を受け、建設中の3号機も視察したところです。

 視察を通じて、技術的に未完成な原発は、なくす以外にないということを改めて実感しました。

 私は、明日17日の午後から18日まで東京に出張です。青年の雇用問題や生きがいなどで調査し、会議に参加します。

 喜んでいいのでしょうね、目まぐるしいくらいの忙しさです。

 次のブログは、19日には書きたいと思います。

 写真は、昨日の中林さんのねぎらう会で呼びかけ人を代表しての挨拶。本日の島根原発の調査。

 中林よし子さんをねぎらう会

 島根原発視察 
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR