FC2ブログ
Archive | 2014年05月

2014  5/24 医療労働者と原発見学

 今日は、全日本国立医療労働組合中国地方協議会(中国5県の国立病院で働く医療労働者の組合)の青年集会に招かれ、「島根原発の現状と問題点」について報告しました。

 報告では、5月21日に下された福井地裁・「大飯原発・再稼働差し止め訴訟」判決の画期的な意義について話しました。

 判決は、「ひとたび深刻な事故が起これば、多くの人の生命、身体やその生活基盤に重大な被害を及ぼす」とし、「国民の生存を基礎とする人格権」の立場から原発の本質的危険性を指摘しました。

 安倍政権は、今回の判決を真摯に受け止め、大飯原発はもとより、全国の原発の再稼働を即刻断念すべきです。

 私は、「命を守るために日夜、献身的に働いておられる医療労働者の皆さんと力を合わせて「原発ゼロの日本」を実現したい」と心から呼びかけました。

 報告後、島根原子力館を見学。その後、原子力発電所構内にバスで入り、原発施設や原発の安全対策について説明を受けました。

 参加した看護師さんからは、「原発が松江市中心部の近くに立地していてビックリした」「福島原発の事故原因が解明されていない中で、原発再稼働など論外です」などの感想が寄せられました。

 さすが、患者さんの命と健康を守るため頑張っておられる皆さんです。ふだん原発に関する用語は聞きなれておられないはずのに、熱心にメモをとり、勉強されました。皆さん、本日は、ありがとうございました。

 明日は、江津市議選の告示日です。第一声で心を込めて応援演説のマイクを握りたいと思います。なんとしても2議席を獲得するために頑張ります。

写真は、青年集会での原発問題の報告

青年集会

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR