fc2ブログ
Archive | 2014年10月

2014  10/27 決算特別委員会で質疑

 今日は、決算特別委員会が開催され、①税と社会保険料の差し押さえについて、②米価下落について、の2項目で質問に立ちました。

 昨年12月、「差し押さえ禁止財産である児童手当を差し押さえ、滞納県税に充当した処分は違法」との広島地裁松江支部判決が確定しました。判決では、「年金や児童手当など差し押さえ禁止財産を狙い撃ちにした差し押さえは違法」と断じました。
 
 平成25年度の国民健康保険料の未納者に対する差し押さえの実態を質したところ、健康福祉部長は「年金口座の差し押さえが53件あり、そのうち、35件が年金支給日の差し押さえであった」ことを明らかにしました。

 この38件は、明らかに年金を狙い撃ちにしたものです。私は、差し押さえ禁止財産狙い撃ちの実態が未だ行われており、是正を強く求めました。

 米価問題では、今年度産の生産者米価が40年前の米価水準となるほど大暴落していることを指摘。農家の米を作る意欲が奪われており、米価下落への直接補助を行うよう求めました。

 島根農業の深刻な課題は、農業労働力の減少と高齢化にあります。現在、県内の農業就業人口は約3万人で、年間2千人の減少となっています。この状態が続けば15年後には、島根農業が消滅しかねない危機的事態です。また、就業者の平均年齢は70歳を超えており、高齢化が一段と進んでいます。

 再生産が可能な農産物価格を保証しない限り、農家の生産意欲は拡大しません。

 食糧自給率130%のアメリカやEU(欧州連合)では、生産コストを基準にした手厚い価格保障や所得補償があります。

 米価下落は、中山間地域、農村部の地域経済に深刻な打撃を与えます。島根を守るためにも農家経営を安定・発展させ、農業再生に向けた取り組みは急務です。

 今日は、全員協議会、常任委員会、決算特別委員会が開催され、終日、県議会で審査が行われました。

 少し、疲れたかな。しかし、充実した1日でした。明日は、2ヵ所で県政報告会(集い)の開催が予定されています。明日も、元気ハツラツで頑張ります。

 写真は、本日の特別委員会全体会

 特別委員会全体会 
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR