fc2ブログ
Archive | 2015年08月05日

2015  8/5 久しぶりの事務所です

 私の事務所は毎朝、打ち合わせ・会議を行っています。先月、7月16日からは、民青同盟県委員長(専従)の村上さんも一緒に3人での打ち合わせとなりました。

 私は、8月2日から昨日まで、大阪にいる姪の結婚式への出席、調査等で、神戸、姫路に行ってきました。岩田秘書も、2日から益田、江津、大田など県西部に出張。村上さんは、原水爆禁止世界大会の開会総会(広島)に参加してきました。

 今日は、8月1日以来、4日ぶりの打ち合わせです。それぞれ、2日、3日、4日の活動状況を報告しあった上で、今週の活動予定を交流・意思統一しました。

 私は、開口一番「お久しぶり。熱中症にならなかったかな?」と言うと、2人からは「尾村さん焼けましたね。無事に帰られて良かったです」との言葉。みんな、元気でよかった、よかった。

 ところで、益田市議選にあたって、国保財政の基金の取り崩しについての質問が寄せられましたので、ご回答します。

 わが党は、益田市の国保基金は、異常にため込まれており、「基金を取り崩して一世帯5万円の引き下げ」を主張しています。この点では、7月7日付のブログをご参照ください。

 厚生労働省は、国保基金の積み立てについて、2000年度までは「過去3か年の平均保険給付費の5%以上積み立てること」としていました。しかし、この「5%以上」の規定は、2001年度に削除されました。これは、国が「5%以上」になったら、取り崩しが可能と解されることを嫌ったためです。

 全国の自治体では、国保の値上げを抑えるため「基金ゼロ」が主流となっています。基金は、もともと住民が払った国保税(料)でであり、値上げをストップさせるために活用すべきです。

 日本共産党は、「払いたくても、払えない」高い国保税(料)を引き下げるため、全力を尽くします。

 写真は、日本共産党益田市委員会発行の国保ビラ

 国保ビラ
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR