fc2ブログ
Archive | 2015年08月06日

2015  8/6 核兵器のない世界を

 本日、8月6日は、広島に原子爆弾が投下されて70年にあたる日です。

 夕方に、日本共産党県委員会の後藤勝彦委員長、遠藤秀和政策委員長、民青同盟県委員会の村上万里委員長とともに核兵器廃絶の訴えを行いました。

 広島と長崎では、原爆投下の年に21万人もの尊い命が奪われました。生き残った人々も心身ともに深く傷つき、苦難の人生を強いられてきました。

 私は「被爆者の悲願は核兵器のない世界をつくること。核兵器廃絶の世論と運動を盛り上げよう」と呼びかけました。

 世界には、いまだ約1万6000発もの核弾頭が存在しています。核兵器廃絶は世界の平和と人類の生存にとって緊急の課題です。「核兵器のない平和で公正な世界」を実現するために力を尽くす決意です。

 戦争法案の審議は、参議院に舞台を移しています。 被爆者の願いは、憲法9条を破壊し、日本を「戦争する国」にする戦争法案を廃案に追い込むことです。

 戦争法案をめぐっては、自民党県議も反対運動に立ち上がりました。7月31日、広島県庄原市で自民党県議の呼びかけで市議20人中、19人が参加する「ストップ・ザ安保法制-庄原市民の会」が発足しました。(公明党市議は不参加)

 この会を呼びかけた自民党の小林県議は「戦争と平和の問題が問われている時に、自民党だの共産党だの言っている場合ではありません」とキッパリ発言しています。

 戦争法案阻止に向けて頑張ります。

 写真は、広島被爆70年にあたっての街頭演説

 広島被爆70年・街頭演説 
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR