FC2ブログ
Archive | 2015年09月17日

2015  9/17 暴挙!委員会での採決強行

 本日は、県議会で一般質問に立ちました。傍聴してくださった皆さんに心からの御礼を申し上げます。

 議会が終わった後、午後3時半から、遠藤秀和参議院選挙区候補、大国陽介県議、後藤勝彦党島根県委員長と「戦争法案許すな」の街頭演説を行いました。

 4時半すぎに、控室に帰り、参議院平和安全法制特別委員会の中継をテレビで見ていたら、突如、戦争法案が強行採決されました。委員長の声は、全く聞こえず、暴力的なやり方であり、採決・法案可決は無効と言わざるを得ません。

 この暴挙に対し、すぐに街頭に出て、大国県議、日本共産党松江市議団とともに、強行採決抗議のマイクを握りました。

 その後、5時15分から、県庁前ロータリーで日本共産党県議団と民主県民クラブの8人の県議との合同で、緊急の抗議の訴えを行いました。

 政府、与党は、今晩にも参議院本会議に戦争法案を緊急上程し、成立を図ろうとしています。事態は緊迫しています。日本共産党は、違憲法案を必ず廃案に追い込むため最後の最後まで力を尽くします。

 今日の一般質問では、戦争法案を取り上げました。知事に対し、法案を「違憲」と考えるのか、「合憲」と考えるのか、また、憲法を守る最大限の行動をとるべきと質しましたが、残念なことに、まともな答弁はありませんでした。

 私は、再質問で国民の理解が得られない中で法案を強行することは、国民主権と民主主義に反することを指摘。政治家、為政者は、謙虚で国民の声にしっかり耳を傾けるべきと強調しました。

 「政治には、人の命がかかっています」 ― この政治信条で引き続き頑張ります。

 写真は、本日の一般質問

 9月議会一般質問
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR