fc2ブログ
Archive | 2015年10月25日

2015  10/25 絶好調・元気ですよ

 ブログの更新が滞り、ご心配をおかけしました。絶好調・元気です。この間の活動内容をご報告します。

 今日は、「しんぶん赤旗」全国囲碁・将棋大会の島根県大会が開催されました。レジャー白書によれば、全国で囲碁は610万、将棋は、1,200万の方が愛好しておられるとのことです。

 私は、開会式で「日本共産党は、囲碁・将棋を我が国の歴史的・伝統的文化の一つとして大切にし、その普及と発展に力を尽くします」と訴え、「平和でこそ、囲碁・将棋を楽しむことができます。戦争法を廃止し、憲法9条を生かした政治をつくりましょう」と呼びかけました。

 昨日は、島根大学の学生団体であるポリレンジャー(若者の手で政治をよくし隊)の皆さんと意見交換。約20名の方々と熱く語り合いました。

 学生さんからは「日本共産党は、現存する自衛隊をどう考えていますか」「なぜ、政党助成金を受けらないのですか」「大阪維新の橋本市長をどう見ていますか」「尾村県議の街頭演説をよく耳にします」などなどの質問、意見をいただきました。

 また、ある男子学生からは「自分は、中学、高校と男子校でした。今まで女性とお付き合いしたことがありません。どうすれば彼女ができますか」との質問も受けました。

 あー、実に新鮮、そして、初々しい、さらに誠実。自分の学生時代を懐かしく思い出しました。若い皆さんの未来に幸あれ。学生生活を思い切りエンジョイしてください。

 視察のことを少し書きます。子育て、少子化、教育などの先進地を研修・調査しました。

 愛知県立旭丘高校では、学園祭(体育祭、文化祭、舞台発表、討論会など)が6日間の日程で行われています。普通科では、大学受験のために学ぶのではなく「生きる力」を育むために教養を高め、深い思考力や判断力、表現力が身につくような授業を展開しています。

 留学生を招いたゼミ学習、韓国を訪れ、現地での意見交換会が実施されていました。そして、生徒には、知識を批判的にとらえさせ、その知識が何であるのかを考えさせる「批判的思考力」を高める教育理念が貫かれていました。

 受験中心、暗記型の学習では、子どもたちは伸びません。ものの見方として、事物を全体のつながりから切り離し、個々バラバラにとらえる「形而上学」ではなく、ものごと(事物)を関連や相互関係、つながりとしてとらえる「弁証法」の見方が大切だと考えます。旭丘高校の実践は、非常に興味深いものでした。

 有意義な視察でした。同行してくださった執行部、議会事務局のみなさまにお礼を申し上げます。

 写真は、囲碁・将棋大会のプログラム

 囲碁将棋大会 
スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR