FC2ブログ
Archive | 2016年11月03日

2016  11/3 ルミガンの効果と副作用

 今日のブログは、いつもの政治のことではなく、私の体というか、顔の変化について書きます。

 昨日、7年ぶりに会った友人から「尾村さん、とても元気そうだね」「ちょっと顔が変わったね」と言われました。私は「とっても元気だよ。7年前と比べれば、年もとったし、顔も変わるのは当然でしょ」と言いました。

 すると、友人は「そういうことではなくて、以前は目の下にクマが目立って、キツそうに見えたよ」「まつ毛は、もっと太く長かったでしょ」と言うのです。

 ははーん。わかった、わかった!ルミガンの事だなぁ。

 以下、友人が指摘した顔が変わった理由を書きます。

 私は、20年前から緑内障の治療を続けています。朝、晩2回の点眼をしています。朝は「コソプト」、晩は「ルミガン」という目薬を点眼しています。

 「ルミガン」は、副作用として、まつ毛が長くなったり、太くなったりすることがあるそうです。ルミガンは、美容液としても使われており、まつ毛の成長周期の成長段階を延長し、成長段階にまつ毛の本数を増やす効果があるというのです。

 7年前は、この「ルミガン」の副作用を知りませんでした。よって、寝る前にルミガンを点眼していたため、まつ毛が長く、太くなった上に、まつ毛がカールしたようになっていました。

 この変化に5年前気付いたのです。寝る前の点眼をやめて、お風呂に入る前に点眼し、しっかりと目のまわりについたルミガンの液を落とすようにしたのです。

 以上のことを友人に話しました。

 友人は「まつ毛が長く、太くなるなら、私は、ルミガンを頭につけたい」と笑いながら言うのです。

 私も、全く同感。でも、「頭につけたら、一回か二回でなくなるでしょ」と言い、二人、大爆笑。つまらない事を書きお許しを。

 さて、政治家・県議に戻ります。11月は、政府交渉、県への申し入れ、21日からの県議会開会、などなどたくさんの活動・行事が目白押しです。県民の「くらしと命を守る」議席として、健康に留意して精一杯頑張ります。

 写真は、用法通り点眼している「ルミガン」

 ルミガン点眼液
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR