fc2ブログ
Archive | 2017年03月07日

2017  3/7 「政治とカネ」で議長に申し入れ

 日本共産党島根県議団は、本日、絲原德康議長に、「政治とカネ」をめぐる議員の社会的責任の明確化を求める申し入れを行いました。

 富山市議会の政務活動費の不正受給、森友学園疑惑など「政治とカネ」をめぐって、国民・県民の厳しい視線が向けられています。

 このような中、島根県議会(議員)においても政務活動費の不適切使用が疑われる事案や、政治資金規正法に抵触する事案が明らかになりました。

 政務活動費は「議員の調査研究その他の活動に資するため、必要な経費として交付される」もので、使途の厳格化と透明性の確保が求められます。

 県の税金の使い方をチェックする議員は、公金たる政務活動費の使い方について厳正に対応しなければならず、私的経費への流用や不適切使用はもとより、議員の後援会活動に充てることなど絶対にあってはならないことです。

 私は、①「政治とカネ」で疑念を持たれた議員は、政治的・道義的責任があり、説明責任を果たすべき、②政務活動費の透明性を高めるあらゆる手立てを講じること、の2点を強く求めました。

 絲原議長は、「透明性の確保に向けて検討を進める」「政務活動費の使途について、議員は自覚を持っていただきたい。県民やマスコミに対して説明責任を果たしていただきたい」と応じました。

 今、「政治とカネ」をめぐって、県政・県議会への信頼が揺らいでいます。

 日本共産党県議団は「清潔な政治」、「県民が主人公」で一人一人が大切にされる政治を実現するために力を尽くします。

 写真は、議長への申し入れ

 議長申し入れ
スポンサーサイト



カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR