FC2ブログ
Archive | 2019年10月18日

2019  10/18 台風19号災害の救援に全力

 12日から13日にかけて、台風19号が上陸し、甚大なる被害をもたらしました。犠牲になられた方にお悔み申し上げ、被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。

 日本共産党は「災害対策本部」を設け、情報を集め、必要な対策を取る体制を取っています。国会議員、地方議員らが連携し、政府や自治体に対策を求め、現場に入って実情を把握し、被災者支援に全力を挙げています。島根県からは、上代善雄党県書記長が福島県いわき市に入り、救援活動に奮闘しています。

 昨年7月の西日本豪雨災害では、日本共産党国会議員団などの要求によって、私有地のガレキや土砂の撤去に行政の支援が実現。これは、環境省の「災害等廃棄物処理事業」と国交省の「堆積土砂排除事業」を一体化して、被災者の負担なしで行うものです。すでに業者に依頼して撤去した人にも事後精算することや、床下浸水や災害救助法未適用自治体でも実施されることになりました。

 地球規模ですすむ気候変動の影響を背景に、台風などの風水害が激甚化し、災害が従来と異なる様相になるもとで、防災・減災、被災者支援の仕組みもこれまでの枠を超えた見直しが必要です。

 大規模災害からの復旧・復興には、政府の全面的な応援が欠かせません。住宅再建への公的支援を抜本的に拡充すべきです。また、自治体が思い切った対策がとれるよう財政的支えも必要です。被災者支援と被災地の復旧・復興に向け、知恵と力を集めることは政治の責任です。

 写真は、「災害対策マニュアル2018年版」(全国災対連発行)。

 災害対策マニュアル2018年版
スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR