fc2ブログ
Archive | 2019年11月13日

2019  11/13 民青同盟が県へ申し入れ

 本日は、日本民主青年同盟島根県委員会(吉井安見委員長)が「青年が暮らしやすい島根県の実現を求める」申し入れを県に行い、同席しました。

 申し入れには、保育士、美容師など5人の青年が参加。①最低賃金を1500円に引き上げてください、②残業代の未払いなどを是正し、労働者の権利を守ってください、③給付制奨学金の拡充を、④医療・介護・保育など福祉労働者の処遇改善を、⑤原発のない安全・安心の島根の実現を、の5項目を求めました。

 申し入れで、美容師からは「自分の給料を時給に換算すると670円。1日11時間も拘束され、休憩時間は30分程度」との厳しい労働実態が告発されました。保育士からは「一人暮らしをする上で、生活がギリギリで貯金ができません。休日も家で仕事をしています。やりがいのある仕事なので、もっと処遇が良くなればいい」などの切実な声が出されました。また、「この間、豪雨災害、地震などが発生し、災害の恐ろしさを痛感しています。原発ゼロの島根こそ青年の願いです」との訴えもありました。

 今、多くの青年・学生が高学費と奨学金返済、長時間労働や不安定な働き方などで不安を強めています。格差と貧困の広がり、地球温暖化など世界と日本の進路への関心を強め、行動に立ち上がっています。

 本日は青年の生の声を聞くことができ、とても有意義でした。勉強になりました。民青のみなさんに感謝するとともに、強く大きな民青同盟をつくらなければならないことを強く思いました。未来は青年のもの。ともに頑張りましょう。

 写真は、申し入れ書を手渡す青年ら。

 申し入れ書を手渡す青年ら
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR