FC2ブログ
Archive | 2020年03月05日

2020  3/5 大国県議が質問に立ちました

 本日、大国県議が一問一答質問に立ち、①新型コロナウイルス対策、②放課後児童クラブの支援拡充、③少人数学級編制の見直し、の3項目を取り上げました。傍聴にお越しいただいたみなさんに心からの御礼を申し上げます。

 大国県議は、放課後児童クラブ支援員の確保策の一つとして労働者派遣の手法を打ち出している問題について、「児童福祉の職場に人をモノ扱いする派遣労働を自治体が推進すべきではない。直接雇用が原則であることが求められる」と指摘。変則的な労働時間や低賃金など労働環境の本質的な改善こそ必要と強調しました。

 新田典利商工労働部長は、2015年の労働者派遣法改正の附帯決議にふれ、「派遣就業は臨時的、一時的なものであるべきとの基本原則に留意し、直接雇用を希望する人には直接雇用が原則」と答弁。吉川敏彦健康福祉部長は、非正規雇用が69%(昨年5月時点)という県内の状況を説明し、労働環境の改善など働きやすい職場となるよう、市町村や社会福祉法人と連携して取り組みたいと答えました。

 また、大国県議は、規制緩和によって支援員1人での保育が可能となる配置基準の参酌化についても取り上げ、「複数の支援員で保育にあたることは、子どもに豊かな遊びなどを保証するために欠かせない」と強調。「支援員が確保できないという理由で支援員の1人配置を可能にする対応は質を落とす手法。県として複数配置を追求すべき」と主張しました。

 新型コロナウイルス対策では、相談窓口の周知、中小企業などに対する緊急のつなぎ融資や返済猶予の実施、感染の広がりによって売り上げが減少している事業主への支援など緊急対策を求めました。

 少人数学級編制の見直しについては、「知事自身、現場に行ってない。現場の理解もない少人数学級縮小案は撤回すべき」と迫りました。

 本日で質問戦が終わり、来週から議会はいよいよ後半戦に入ります。10、11日は常任委員会(建設環境委員会)、12日は、地方創生・行財政改革調査特別委員会、そして、17日が議会最終日です。最後までブレることなく、県民の利益を守る立場で論戦します。

 写真は、質問する大国県議。

 質問する大国県議
スポンサーサイト



カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR