fc2ブログ
Archive | 2021年08月

2021  8/26 県民から信頼される政治を

 本日は、県議会・文教厚生委員会が開催され、新型コロナ問題で質疑を行いました。

 私は、①デルタ株は無症状者や軽症者でも短期間で悪化する懸念があり、自宅療養方針の撤回を求め、②感染拡大を抑えるためにも、今やるべきは検査の抜本的拡充であり、③限られた医療資源を最も効率的に活用するためにも、医療機関、医師会、看護協会、開業医など医療機関の役割分担と連携を強化すること、③医療機能を強化した宿泊療養施設や臨時の医療施設の増設・確保など、に注力すべきことを訴えました。

 そして、国政では五輪・パラリンピックを強行したことが、感染対策と矛盾したメッセージとなり、政治への信頼が失われていることを指摘し、県政は決して県民からの信頼を失ってはならないことを強調。そのためにも、①検査を大規模に行い、県の感染抑止の決意・メッセージを県民に示す、②県民への情報提供と説明責任を果たす、③何があっても県民の命を守り抜く姿勢を常に発信することが肝要と指摘しました。
 
 昨日は、松江市や安来市の議員、地域のみなさんとともに、松江県土整備事務所(妹尾圭人所長)に申し入れ。被災者から要望された河川の堤防のかさ上げや浸食護岸の整備、家屋の土砂撤去などの19項目について早期の対策を求めました。

 松江市内の住宅街を流れる意宇川の浸水被害では、党八雲支部の田辺達男支部長が床下や車が浸水した状況を話し、擁壁改良を要望。同下流域に住む竹矢支部の岩本晃司支部長は堤防のかさ上げ、護岸整備などを求めました。

 明日の午前中は、雲南県土整備事務所を訪問し、雲南市や飯南町、奥出雲町から寄せられた要望を届けることとしています。

 松江県土整備事務所、雲南県土整備事務所の申し入れ書は、ホームページの「各種ダウンロード」にアップしています。ご覧いただければ幸いです。

 写真は、昨日の松江県土整備事務所への申し入れ。

 松江県土整備事務所へ申し入れ
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR