fc2ブログ
Archive | 2022年04月19日

2022  4/19 津和野町で現有議席確保を

 本日、津和野町議選(定数12)が告示となりました。日本共産党は、寺戸まさ子さんが3期目をめざします。選挙戦は1人はみ出しの激戦です。

 本日の第一声には、大平喜信元衆院議員と福住ひでゆき参院鳥取・島根選挙区予定候補が応援に入り、寺戸さんは、①生活交通の確保、乗合タクシーの充実、②国保税、介護保険料の負担軽減、③学校給食費、保育料の無料化、④鳥獣被害対策など農林漁業支援、⑤国の病院再編・病床削減ノーなどの公約を訴えました。

 寺戸さんは、「住民の生の声」を活動の原点に、毎議会質問に立ち、町民要求実現のために頑張ってきました。

 この間、子ども医療費の高校卒業までの無料化(2020年4月~)、病後後児保育施設の創設、産後母子デイケア事業(2019年~)を実現しました。

 地域公共交通対策では、「3~4人で1台のタクシーを利用して買い物に行く。補助が出るような買い物タクシーを」との住民要望を2016年9月議会で提案。この提案が実り、昨年10月から木部地区で「乗合タクシー」の実証実験が始まりました。

 また、木部、津和野の両小学校のプールや老朽化した給食センターの改修を実現し、決壊が心配されていた溜め池改修を提案。一つの溜め池は撤去されることとなり、住民から喜びの声が上がっています。

 「消費税10%増税中止」を求める意見書について、他の議員が反対する中、寺戸さんだけが可決を主張。また、「町として温室効果ガス排出実質ゼロを宣言し、取り組みを一層強めるべき」と提案し、町は今年3月議会で「ゼロカーボンシティ宣言」を行いました。

 日本共産党の議員は、「住民こそ主人公」の立場で常に奮闘します。何としても再び議会に送り出さなければなりません。

 写真は、寺戸さんのリーフ。

 寺戸リーフ外面

 寺戸リーフ中面
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2022/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR