fc2ブログ
Archive | 2023年08月

2023  8/30 原発汚染水の放出は中止せよ

 東京電力福島第一原発から出る汚染水(アルプス処理水)の海洋放出が始まり、福島県内外の漁業関係者から怒りの声が広がっています。

 海洋放出以降、中国政府が日本産水産物を全面的に輸入禁止にしたり、中国の日本人学校などに嫌がらせが相次いでいます。

 今、必要なことは、日中両国政府が対立を激化させるのではなく、冷静な話し合いで問題を解決する努力をしていくことではないでしょうか。

 政府と東京電力は、8年前に「漁業者など関係者の理解なしには、いかなる処分も行わない」と約束していました。しかし、政府や東電は、これまで海洋放出についての説明や対話の手立てを十分に尽くしてきませんでした。約束に背く行動は直ちに中止すべきであり、一刻も早く、海洋放出中止の決断をすべきです。

 専門家は、汚染水を増やさないための抜本対策として、「広域遮水壁」と「集水井」の設置を提案してきました。国・東電は、海に流さない方法を真剣に検討すべきです。

 岸田首相は「廃炉と処理水排出の完遂まで漁業者の生業が継続できるよう、国が全責任を持つ」と主張しています。しかし、約束を反故にし、海洋放出を強行する国に対する信頼は失墜しています。

 「放出やめよ」「漁業を守れ」「原発なくせ」の声を大きく上げるときです。

 原発問題を巡っては、汚染水の問題や上関町の中間貯蔵施設建設の問題、使用済み核燃料の処理の問題など課題山積です。原発推進路線、核燃料サイクル政策の行き詰まりは明らかです。すべての問題を解決する道は、ただ一つ、「原発ゼロ」の決断以外ありありません。

 写真は、原発問題を特集した民主島根(8月27日号)。
 
 民主島根オモテ面

 民主島根ウラ面
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR