fc2ブログ

2022  6/3 再稼働同意撤回を求め質問

 本日、一般質問に立ちました。傍聴にお越しいただいたみなさんに御礼申し上げます。また、質問にあたって、様々な現場の実態をご教示いただきました。心からの御礼を申し上げます。質問原稿は、ホームページの「議会の取り組み」にアップしました。質問の様子は、下記の島根県議会ホームページでご覧いただけます。島根県議会ホームページ

 昨日、丸山達也知事が中国電力島根原発2号機(松江市)の再稼働同意を表明したことについて質問しました。

 島根原発再稼働同意について「県民からは不正続きの中電への不信や実効ある避難計画が未策定など不安が渦巻いている」と強調。丸山知事に「県民合意は得られているのか、県民の命と安全を守れるのか」と迫りました。

 私は、5月に島根原発で発生した運転免許証偽造による不正入構で、原因究明や再発防止策が示されていないと指摘しました。

 さらに、丸山知事が昨年9月、中電幹部に「中電は安全の意識が低く、緊張感や責任感が著しく不足している」と苦言を呈しながら再稼働を認めたことは「知事が県民の命を守る責任を放棄したことであり、安全神話に浸かっていることになる」と批判しました。

 丸山知事は「住民の不安や懸念、原発の課題解決に向け、県として最大限取り組んでいく」と述べました。

 私は、停止中原発の速やかな再稼働に向けて、原子力規制委員会の審査の効率化で再稼働を促進すべきとの議論もなされているとして「再稼働に前のめりの国任せではなく、県として主体的に取り組むべき」と強調。「再稼働条件は、中電の適正運転が担保されていることであり、適正運転が担保されなければ、県として安全協定第12条『適切措置要求権』を発動し、原子炉停止を決断すべき」と強く求めました。

 これに対し、知事も必要に応じ、適切措置要求権を発動すると答弁しました。

 島根原発2号機再稼働同意撤回に向けて、引き続き、力を尽くします。

 写真は、昨日、知事の再稼働同意を受けて、県庁前で宣伝。

 県庁前宣伝
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR