FC2ブログ

2018  2/20 2月県議会も頑張る

 昨日19日、2月定例県議会が開会しました。

 2月県議会は予算議会。2月19日から3月15日までの25日間の会期です。

 2月議会では、大国県議が一般質問に立ちます。私は、一問一答質問に立ちます。

 大国県議は、①格差と貧困をただす県政の責任と役割、②憲法25条に基づく県民の生活保障、③子どもの医療費助成、④改正労働契約法に基づく「無期転換ルール」、⑤中海の漁業振興と島根ブランド、⑥高等学校進学時の経済的支援、⑦夜間中学校の設置、について取り上げます。

 私は、①憲法と地方自治法、②国保の都道府県化、③島根原発、の3項目を取り上げる予定です。

 2月1日から、片寄直行・前松江市議が日本共産党島根県委員会の地方議員相談員に就任しました。片寄さんは、7期松江市議会議員を務め、原発問題や地方財政、人権問題、中海・宍道湖問題などに精通する議員でした。

 わが党は、県内に23人の地方議員がいます。良き相談相手として、奮闘されることでしょう。

 片寄さんには、日本共産党県議団のアドバイザーの任もお願いしました。早速、昨日の本会議や本日の全員協議会も傍聴。予算案や条例案についてもチェックしてもらっています。

 これで日本共産党県議団は、私ども県議2人、遠藤秀和秘書、片寄直行さんの4人体制となりました。力をあわせて、県民のくらしと命を守るために奮闘する決意です。

 写真は、片寄直行・前松江市議。

 片寄直行氏(中央)
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR