FC2ブログ

2018  4/7 ガンバレ、亀谷優子市議

 今日は、新しく大田市議となった亀谷優子さんと、議員活動や議会質問など議会対応についての勉強会を実施しました。

 わが党は、新人議員が、もれなく確信を持って党議員として活動できるよう、援助を尽くすこととしています。党としての新人議員研修会は4月4日に大国県議(島根県党の自治体部長)が行いました。

 本日は、研修会の第2回目。午前中は、遠藤秀和秘書が①議会報告の作成、②民報(議会報告)の原稿づくりのノウハウ、などをアドバイス。午後からは、私が①質問の準備、②住民要求の議会・行政への届け方、③自治体予算の見方、などを説明し、質問に答えました。

 亀谷さんに説明する中で、私自身、改めて勉強になりました。私も初心に返って、住民の負託に応えるために奮闘する決意です。

 議会は、住民要求を実現するための論戦の場です。よって、質問の裏付けになる住民の生の声をつかむことが、論戦を深める上で欠かせません。そのためにも、現地の調査が重要です。なぜなら、調査でつかんだ現場の実態や住民のリアルな要求・切実な声を示すことで、要求の正当性を主張できるからです。

 質問準備の原則は、①必ず現地へ赴くこと、②当事者や関係者の生の声を聞くこと。この立場を貫くことを強調しました。

 亀谷優子市議、大西修市議と力を合わせて、くらし・福祉最優先の大田市政をつくるために、私も頑張ります。

 写真は、亀谷優子市議。

 亀谷優子市議と
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR