FC2ブログ

2018  4/12 地震被害の被災者に寄り添う

 4月9日、午前1時32分に島根県西部を震源とする地震が発生しました。被災されたみなさまに心からのお見舞いを申し上げます。

 日本共産党は即時、災害対策本部(責任者・尾村利成)を設置しました。私は災害直後の9日に大国県議と大田市を現地調査。10日には大平喜信前衆議院議員、大国県議、党大田市議団、美郷町議と大田市や美郷町を調査しました。

 楫野弘和大田市長、景山良材美郷町長とも意見交換。被災者にお見舞いを申し上げ、被災者救援活動に取り組みました。

 大田市鳥井町の男性は「屋根瓦が落ちました。今後のことを考えると、途方にくれます。色々な支援があると助かります」と話されました。

 大田市三瓶町志学のご高齢のご夫婦からは「昨晩は集会所で過ごしました。余震や倒壊が不安で、今夜も集会所に避難します」と語られました。

 本日は、県に対し、「被災者の生活再建支援の緊急申し入れ」を行いました。(HPの各種ダウンロードに掲載)             
 申し入れでは、①住宅再建に対する公的支援を実態に合わせて抜本的に強化すること、②中小業者、観光、農業など事業者が再建できる積極的支援・施策を講じること、③被害認定にあたっては、被災者救済の視点に立った弾力的な認定を行うこと―など5項目を要請。県は「被災者、被災自治体の要望を踏まえた対応を行う」と回答しました。

 実を言うと、私の生家は大田市川合町にあります。幸いにも、大きな被害はありませんでした。多くのみなさんからご心配の電話やメールをいただきました。ご心配いただき、申し訳ありません。

 被災者を励まし、生活と生業(なりわい)の再建に希望を持てるようにすることこそ政治の責任です。日本共産党は引き続き、被災者の生活再建、復興に全力を尽くします。

 写真は、被害調査と県への申し入れ。

 現地を調査

 県へ緊急申し入れ
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR