FC2ブログ

2018  7/12 豪雨災害・救援活動に全力

 7月5日からの記録的豪雨は、西日本を中心に甚大なる被害をもたらしました。被災されたみなさんに心からのお見舞いを申し上げます。日本共産党は、各地で被災者救援、復興・復旧に党を挙げて全力で取り組んでいます。

 私はこの間、松江市内をはじめ、被害が大きかった美郷町、川本町、江津市を視察・調査しました。

 美郷町の港地区を視察。避難所を訪問しました。避難している住民からは「行政はあてになりません。災害時、いつも自分たちで命を守っています。この地域は毎年浸水するので、個人で舟(ボート)を買いました。今回の水害もボートで避難したんです。毎年の大雨で田が浸水するため、この地区は全員、耕作をやめました」との衝撃的な発言を聞きました。

 川本町の被災者からは「上流部の堤防整備率は95%です。でも、下流域は65%です。江の川の下流域の水害は人災ではありませんか」と訴えられました。

 江津市の業者からは「機械や設備など1000万円がダメになった。営業再建の直接助成をお願いしたい」との要望を受けたところです。

 昨日は、被災者のみなさんの要望を県に届けました。申し入れ項目は23項目。床上・床下浸水への支援金創設。農家や中小業者が再建するための直接支援・直接助成の実施。土砂災害、落石対策、河川改修など防災・減災型公共事業の強化などを強く要請しました。

 申し入れ書は、ホームページの「各種ダウンロード」にアップしています。

 いま求められているのは、被災者の実情をつかみ、被災者を励まし、生活と生業の再建に希望が持てる施策を講じることです。

 引き続き、災害支援に力を尽くします。

 写真は、県への申し入れ、被災地の調査。

 県へ要請

 川本町での聞き取り調査
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR