FC2ブログ

2018  7/23 核兵器のない平和で公正な世界を

 本日は、核兵器のない世界を求めて運動する「国民平和行進実行委員会」の平和行進が松江市内を歩きました。

 松江市天神町ロータリーでの出発式には、島根県総務部の犬丸淳部長が「暑い中ですが、体調に留意されて行進して下さい」と激励あいさつ。6月7日に富山県を出発し、8月4日の広島到着をめざして、連日行進する米山幸子さん(77歳、横須賀市出身の通し行進者)が「1日も早く核兵器のない世界をつくりたい」と力強く決意表明。

 米山さんら行進代表団は、午後から県庁を表敬訪問。本田勝己総務部次長が応対し、溝口善兵衛知事からの「核兵器廃絶国際署名」のサインとペナントが託されました。溝口知事は、署名とともに一言メッセージを寄せていました。

 知事のメッセージは次の通り。『米国の原子爆弾により、広島・長崎が壊滅した日本としては、世界に向けて核兵器廃絶を訴えていかなければなりません』―知事の素晴らしいメッセージに私も大国県議も感激しました。

 県議会では糸賀克巳事務局長が応対。県議会事務局のみなさんから、核兵器廃絶の「運動募金」も寄せられました。事務局のみなさん、ありがとうございました。

 核兵器のない平和で公正な世界を実現するために頑張ります。

 写真は、天神ロータリーの出発式、表敬訪問した総務部と県議会。

 天神ロータリーでの出発式

 総務部のみなさんとともに

 県議会事務局長とともに
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR