FC2ブログ

2019  6/1 議会論戦も選挙も頑張る

 6月になりました。いよいよ6日から、6月定例県議会がはじまります。日本の命運がかかる参議院選挙公示まで、あと1カ月余り。議会での論戦、参議院選勝利に向けたたたかいに全力を尽くす月にしたいと思います。

 昨日は、県議団をはじめ、県内の共産党議員、社会保障推進協議会のみなさんとともに、「国民健康保険の都道府県化」の現状と課題について、県執行部よりレクチャーを受け、意見交換しました。健康福祉部・健康推進課の石飛厚志管理監には大変、お世話になりました。ありがとうございました。

 島根県内では、国民健康保険料(税)の滞納世帯は1万世帯(滞納割合12%)を超え、高い保険料に県民は苦しめられています。わが党は、公費を1兆円投入して、国保料を「協会けんぽ」並みに引き下げる政策を発表しています。

 安倍政権いいなりで国保料のさらなる値上げに進み、住民の健康とくらしを壊し、日本の公的医療保険制度を崩してしまうのか、それとも、国保の構造問題解決に向け、公費投入を増やして値下げの道に進むのか、参議院選挙の重大な争点です。

 私は、6月県議会で一般質問に立ちます。国保料の引き下げや知事の政治姿勢、人口減少問題、農業問題、平和問題、地震・原発問題などを取り上げる予定です。大国県議は一問一答質問で、子育て支援などを取り上げます。

 引き続き、現場に足を運び、住民や関係者の生の声をしっかり聞いて、原稿を練り上げたいと思います。

 写真は、昨日の国保問題レクチャー。

 国保レクチャー
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR