FC2ブログ

2019  6/14 一般質問に立ちました

 本日、一般質問に立ちました。傍聴にお越しいただいたみなさん、また、質問にあたって様々な現場の実態をご教示くださったみなさんに心からの御礼を申し上げます。

 原発問題では、「原発立地県の知事として、福島を視察し、その現実を直視し、県の政策判断に生かすべき」と質問しました。知事は「できるだけ早期に福島を訪れ、原発の事故原因とその後の対応、地域の状況などについて直接確認する」と答弁しました。

 私は、島根県政は国の原子力政策に無批判・迎合してはならないことを指摘し、島根の進むべき道は原発ゼロ、再生可能エネルギー先進県の島根づくりにあることを強調しました。

 人口減少対策では「生計費原則に基づく8時間労働で生存権を保障できる最低賃金制度にすべきであり、全国一律最低賃金制度の創設が重要であること。そして、最賃引き上げによる賃金助成など中小企業への支援策を行うこと」を要求しました。知事からは「国の政策を注視し、県としても必要な対策を要望していく」との答弁でした。

 国民健康保険では、払いたくても払えない人への支援策として、一部負担金減免や納税緩和制度などの統一書式整備、窓口での申請案内の強化の徹底を要求。健康福祉部長からは「より有効な手段がないか、今後とも市町村と検討していく」と答弁しました。

 執行部の答弁を受けて、再質問、再々質問に立ち、県民の願いを届けました。

 質問原稿は、ホームページの「議会の取り組み」にアップしましたので、ご覧いただければ幸いです。

 大国県議は、6月19日(水)午後1時から一問一答質問に立ちます。質問項目は、①人口減少対策と地域の再生、②子育て支援の充実、③高額療養費制度の十分な周知と患者の利益にかなう運用、についてです。ぜひ傍聴にお越し下さい。

 写真は、本日の一般質問での再質問。

 再質問
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR