FC2ブログ

2019  7/25 日本共産党は7議席獲得

 日本の命運がかかった参議院選挙が終わり、ホッとしています。

 鳥取・島根選挙区では、中林よし子さんが16万7329票を得る大健闘。島根では、3年前の野党統一候補得票を上回る10万7565票、得票率36%を獲得しました。

 日本共産党は、選挙区では東京、埼玉、京都の3議席、比例代表選挙で4議席で、合計7議席を獲得しました。

 全国32の1人区のすべてで野党統一候補を実現し、10選挙区で勝利。野党が1人区で改選2議席から10議席へと躍進したことは「市民と野党の共闘」が大きな成果を上げたことを証明しました。

 参議院選挙の全体の結果で重要なのは、自民・公明・維新などの改憲勢力が、改憲発議に必要な3分の2を割ったことです。選挙での「3分の2割れ」という審判は、「性急な改憲の動きは賛成できない」との民意を明確に示したものです。わが党は、安倍首相に対して、この審判を真摯に受け止め、改憲策動を中止することを強く求めます。

 「減らない年金を」「消費税10%増税ストップ」「9条改憲を許さない」などの公約を実現するため、引き続き力を尽くします。今後とも、みなさまのご支援をよろしくお願いします。

 22日には、原水爆禁止国民平和大行進のメンバーが県庁、県議会を表敬訪問。丸山達也知事からはヒバクシャ国際署名と核兵器廃絶ペナントが寄せられました。中村芳信県議会議長からもペナントが託されました。県議会事務局からは、ヒバクシャ国際署名と募金が寄せられました。心からの御礼を申し上げます。

 写真は、県庁表敬訪問とペナント。

 総務部長室にて

 核兵器廃絶ペナント
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR