FC2ブログ

2019  12/27 原発ゼロこそ真の島根創生

 今年も残すところ、あと5日となりました。みなさん、健康にはお気をつけ下さい。

 今年は春の県知事・県議選、夏には参議院選挙がたたかわれました。県議選では、みなさんの大きなご支援で5期目の議席を得させていただきました。参議院選では、「市民と野党」の共闘・共同が進み、安倍内閣ノーの一致点で絆が深まりました。

 来たるべき総選挙では、戦後最悪の安倍政治を終わらせ、野党連合政権実現に向けて力を尽くします。

 昨日は、原発ゼロをめざす島根の会が①島根原発の稼働を認めないこと、②周辺自治体が立地自治体並みの安全協定を締結できるよう県がイニシアチブを発揮すること、③県独自に福島事故の原因、事故による健康・生活への影響、避難対策などを検証する委員会を設置すること、の3点を県に申し入れました。

 原発がある限り、毎年、原子力防災訓練を続けなければならず、膨大なる準備時間と予算、要員や物資を投入しなければなりません。しかし、「原発ゼロ」を決断し、使用済み核燃料の処理が終われば、その数十年後から原子力防災訓練をする必要はなくなります。

 そればかりか、原発事故に備えた避難計画の策定も不必要になります。大規模災害も頻発しており、島根原発を稼働しないことを決断すべきです。

 島根県政のあるべき方向は、県民合意のない大型建設事業を中止し、原発稼働に向けたあらゆる動きを中止することです。この両立こそ県財政を健全化し、県民の命を守る保障であり、島根創生の大道ではないでしょうか。

 松江北道路建設計画はキッパリ中止し、原発ゼロの島根をつくる、そして、安全・安心の再生可能エネルギー推進を強力にすすめ、新たな雇用と産業を創出すべきです。この針路こそ、中山間地域をはじめ、県内各地を活性化させ、島根創生成功の確かなる道であると思います。

 写真は、ゼロの会の申し入れ。

 申し入れ
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR