FC2ブログ

2020  1/16 野党連合政権で希望ある政治を

 日本共産党第28回大会が14日~18日までの5日間の日程で、静岡県熱海市の伊豆学習会館で開催されています。県庁内の職員さんから、日本共産党大会について「5日間もかけて大会が開かれるのですか」「1000人近い人が、一堂に熱海に集まって徹底した議論が交わされるのですね」などの意見や質問が寄せられます。

 大会には、全国各地から760人の代議員、117人の評議員が参加しています。島根からは6名が参加しています。この参加者は、日本共産党の基礎組織である支部の支部総会で地区党会議の代議員が選ばれ、そして、地区党会議で県党会議の代議員が選ばれ、そして、県党会議で党大会の代議員が選ばれました。まさに、民主的な手続きで代議員が選出されているのです。

 そして、その代議員が5日間かけて、大会議案や綱領改定案などについて意見を出し合うのです。

 今大会は、16年ぶりに綱領を一部改定します。そして、野党連合政権の実現と新しい政治への展望を切り開く「政治任務」と「党建設」の課題を練り上げ決定する、歴史的意義を持つ大会です。

 初日(14日)の来賓あいさつでは、共闘する立憲民主党の安住淳国対委員長、国民民主党の平野博文幹事長、社民党の吉川元幹事長、沖縄の風の伊波洋一代表、碧水会の嘉田由紀子代表、ゲストの中村喜四郎衆院議員の6氏が登壇しました。

 2日目の15日から大会議案などに対する討論が始まりました。島根の代議員である岩田剛・東部地区委員長も発言に立つ予定です。
 
 この間、東部地区委員会をはじめ、島根県委員会も、「市民と野党の共闘」に力を尽くし、憲法を守り生かす活動、原発ゼロのたたかい、くらしと福祉を守る運動など精力的に取り組んできました。きっと、岩田地区委員長は元気よく、意気高く発言してくれているに違いありません。頑張れ!岩田地区委員長。そして、大会参加のみなさん。

 毎日発行する「しんぶん赤旗」では、大会の様子を詳細に報道しています。また、1月19日付の「しんぶん赤旗」日曜版でも、大会の様子を紹介しています。多くのみなさんに「しんぶん赤旗」購読をおすすめします。

 写真は、3党2会派1ゲスト6氏と手を挙げて声援にこたえる志位委員長(14日、党大会)。

 野党がスクラム
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR