FC2ブログ

2020  5/8 公務・公共サービスの拡充を

 新型コロナウイルス感染症対策にあたって、痛感することがあります。それは、公務・公共サービスの拡充を図る重要性です。

 感染症対策では、多くの公的・公立病院が重要な役割を果たしています。しかし、政府は、「地域医療構想」に沿った医療体制の効率化を推し進め、約440の公的・公立病院の再編統合や13万床の病床削減を行おうとしています。

 この間の医療や社会保障の改悪によって、集中治療室は不足し、資材も、医師や看護師の数も足りず、医療崩壊の危機に直面しています。過去5年で758の医療機関を閉鎖したイタリアは、医療崩壊を招きました。安倍政権は、公的・公立病院の大幅削減計画を直ちに撤回すべきです。

 島根県知事や島根県議会議員は、夏のボーナスをゼロにする方向です。私は、知事や県議が政治家としてボーナスゼロを決断することには賛成です。しかし、この対応が公務労働者に波及し、公務労働者の賃下げ、処遇悪化の方向に向かうことがあっては絶対にならないと考えます。

 コロナを巡って、保健所をはじめ、県職員、公務労働者は県民の命と安全、福祉を守るために全力で頑張っています。島根県においては、この間の職員定員削減で、職員の業務量は増大し、管理職をはじめ、職員の労働条件は悪化の一途にあります。

 公務員の賃金は、地域の代表的な賃金水準を示しており、「社会的規範性」があるとされています。公務員給与は、公務員労働者の生活だけでなく、年金、最低賃金、生活保護費の基礎ともなり、その引き下げは、消費購買力の低下につながり、地域経済の建て直しにマイナス影響を及ぼします。そして、公務員給与引き下げは、民間の賃金引き下げにつながり、賃下げの悪循環を招くこととなります。

 今こそ、労働者、中小業者、農業・漁業者、年金生活者などすべての国民が連帯と団結を強める時です。職業や階層、性別での対立や分断を持ち込んではなりません。

 事務所のジャーマンアイリスが次々に開花しています。黄色や白色の花が可憐です。アップします。

 写真は、ジャーマンアイリス。

 ジャーマンアイリス
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR