FC2ブログ
 | 

2019  8/26 通学路・危険箇所ウォッチング

 今日は、八束町の小学校の保護者会のみなさんのご案内で、町内の通学路の危険箇所を見てまわりました。この調査には、県土整備事務所の課長や八束支所の支所長、地元警察、交通安全協会のみなさんも参加。日本共産党からは、私と橘よしあき市議が同行しました。

 調査場所は、県道や市道において横断歩道を設置してほしい場所、学校があることを伝える道路標示やスクールゾーン表示をしてほしい箇所などを確認して歩きました。

 実際に歩いてみて、改善・改修すべき点が明確になりました。子どもたちが安全で安心して通学できるように一刻も早く対策を講じることが求められます。

 昨日は、県議会の地方創生・行財政改革調査特別委員会が開催され、県として小学6年生まで子どもの医療費助成を拡大する方向が示されました。そのやり方は、小学校入学前までは、現行の乳幼児等医療費助成事業(県単事業)で対応し、小学校1年から6年までは、県の交付金事業で対応するものです。

 私は、「子どもの医療費助成事業を小学卒業まで拡大することは評価する」としつつも、「医療費助成事業に補助事業と交付金事業が混在する二階建て事業には問題がある」と指摘し、「県として国に小学卒業までの医療費無償化の制度構築を要求するならば、現行の助成事業を拡充する制度設計をつくらないと国への要求と矛盾する」と主張しました。

 県は、子育て支援を重点政策に掲げています。そうであるならば、県としての子育て支援重視の政治姿勢、スタンス、本気度が問われます。

 子どもの医療費助成の拡充をナショナルミニマムとしての制度化を求めていくならば、小手先の制度見直しではなく、県として安定的な助成事業の制度構築をはかるべきです。すなわち、準義務的経費(事業)の仕組みを県としてつくるべきと考えます。

 そもそもの事業目的は何なのか、今日の子どもの貧困や子どもを取り巻く状況を鑑みて施策展開をはかるべきです。この問題は、経済的理由で病院にかかれない子どもたちがいるという事実から出発すべきと考えます。
 
 写真は、八束町内の道路調査。

 道路調査

2019  8/19 益田の2議席実現でくらし守る

 18日、益田市議選が告示となりました。定数22に対し、25人が立候補、3人はみだしの大激戦です。日本共産党は、安達みつ子(現)、岡崎ひさし(新)の複数議席確保に向けて全力を尽くします。

 益田市は、2年連続国保税を引き上げました。その結果、今年度、加入者一人当たり保険税(料)は、県内で3番目に高く、県西部では一番高い状況になりました。

 今年度、益田市の一人当たり保険税(料)は92,769円。浜田市は80,276円、江津市は71,285円、川本町は69,056円、美郷町は60,600円、邑南町は85,048円、津和野町は75,550円、吉賀町は66,460円です。

 また、下水道使用料は県内8市で最も高く、1カ月10トンで2,160円です(県内8市平均は1,652円)。その上、水道料の25%もの値上げが計画されています。 

 年金や給料が上がらない中で、格差と貧困が広がり、市民のくらしは大変です。市民のくらしと命を守るためにも、日本共産党の2議席実現が求められています。

 昨日は、しまね地域自治研究所主催の「しまね地域・自治 夏の学校」に参加し、「国民健康保険の県一元化と保険料負担について」と題し、報告を行いました。

 報告では、「国保は公的医療保険であり、社会保障の一環である以上、保険者は加入者が払える保険料にするためにあらゆる努力をすべきである」ことを指摘し、「保険証取り上げ、強権的な差し押さえなど制裁行政は許せない」と強調しました。

 安心できる国保制度をつくるために力を尽くします。

 写真は、中央社会保障推進協議会作成の国保パンフレット(一部抜粋)。

 国保

2019  8/15 憲法9条を生かした日本を

 今日、8月15日は日本が進めた侵略戦争と植民地支配の終結から74回目の記念日を迎えました。私は、松江市議団とともに、松江市殿町で街頭演説に立ち、「不戦の誓い」の決意を述べました。

 先の戦争でアジアでは2000万人以上、日本では300万人以上が犠牲になりました。戦前の歴史の反省から生まれたのが日本国憲法です。

 安倍首相は、「残された任期の中で憲法改正に挑む」などと、民意を無視した改憲に前のめりの姿勢を取っています。安倍改憲の狙いは、海外での無制限の武力行使を可能にし、アメリカとの「血の同盟」づくりにあります。

 北東アジアの平和構築にとっても、アジア諸国民との友好な経済関係をつくるためにも、日本政府が、過去の侵略戦争と植民地支配の過ちと向き合い、真剣に反省する立場に立つことが重要です。

 日本国憲法前文には「政府の行為によってふたたび戦争の惨禍が起こることのないようにする」の決意が刻まれています。憲法9条を守り抜き、憲法を生かした日本を築くことこそ国民の願いです。

 日本共産党は、侵略戦争に命がけで反対を貫いた党として、日本とアジア諸国との平和と友好を実現するため、力を尽くします。

 大型の台風10号が近づいてきました。被害が出ないことを祈るばかりです。みなさん、お気をつけ下さい。

 写真は、本日の宣伝。

 宣伝

2019  8/9 核兵器のない平和な世界を

 1945年8月9日、午前11時2分、アメリカが投下したプルトニウム原爆が、長崎市上空で爆発。一発の原子爆弾が7万人以上の人々の命を奪いました。

 8月6日、午前8時15分、アメリカのB29爆撃機エノラ・ゲイは、広島市上空600メートル付近で一発のウラン原爆を爆発させ、一瞬にして広島市を破壊しました。

 広島と長崎の原爆投下から74年を迎えました。被爆者の平均年齢は80歳を超えています。私たちは、被爆者の「生きているうちに核兵器廃絶を」の声を真正面から受け止め、「核兵器のない世界」を実現するために力を尽くさなければなりません。

 2016年4月、被爆者代表九氏によって、「ヒバクシャ国際署名」が呼びかけられました。この署名は、全国で941万筆、島根県内でも3万筆を超える署名が集まっています。この署名は、溝口善兵衛・前島根県知事、丸山達也・現県知事もサインをしました。多くのみなさんのサインをよろしくお願いします。

 核兵器のない世界を実現するために、世界で唯一の被爆国であり、憲法9条を持つ国として、日本政府には特別に大きな責任と役割があるはずです。アメリカの「核の傘」にしがみついて核兵器禁止条約に反対する日本政府の姿勢は恥ずべきものです。

 わが党は、日本国憲法を守り、立憲主義回復の運動とも連帯して、「非核平和の日本」実現のため、力を尽くす決意です。

 写真は、ヒバクシャ国際署名。

 ヒバクシャ国際署名呼びかけ文

 ヒバクシャ国際署名

2019  8/8 益田市で2議席実現を

 益田市議会議員選挙が8月18日告示、25日投開票でたたかわれます。

 日本共産党は、現在1議席。今度こそ、現職の安達みつ子さん、新人の岡崎ひさしさんの当選で複数議席を勝ち取りたいものです。

 益田市では、この間、国民健康保険税が10.74%も引き上げられました。この値上げに反対したのは、日本共産党の安達みつ子さんだけでした。 

 益田市の国保加入世帯は6600世帯。このうち、保険税滞納世帯は約900世帯もあり、滞納割合は14%に及んでいます。保険税が滞納となっているために、保険証取り上げ(資格証交付)世帯は50世帯にも達しています。保険税引き下げの願いは、日本共産党に託してください。

 また、益田市の水道料金審議会が市に対し、来年10月からの水道料金の25%値上げを答申しました。今度選ばれる議員が水道料金値上げを認めるのか、認めないのかの判断を下すこととなります。水道料金も国保と同様に生活、命がかかった問題です。

 市民からは「お風呂の水を汲んでトイレを流している。これ以上の値上げはやめてほしい」との声も寄せられています。水道料金値上げストップの願いを日本共産党に託してください。

 小中学校の施設改修も急務です。吉田小学校は昭和40年代にできた学校です。トイレの配管が老朽化し、悪臭が漂い、児童がトイレ使用を嫌がっている実態があります。わが党は、市内の4校の学校(トイレ)を視察しました。学校現場からは「エアコンを全教室に設置してもらったので、トイレ改修は我慢した」との報告もありました。

 子どもたちが安心して学べる環境をつくるのは、政治の責任。お金がないとの理由など成り立ちません。みなさんと力を合わせて安全・安心の学校をつくるために力を尽くします。

 私も益田へ支援に入り、市民のくらしと命を守るために、必ず日本共産党2議席実現に頑張ります。 

 写真は、益田市議選の全戸配布ビラ。

 オモテ面

 ウラ面
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR